防音室・無響室メーカー : ソノーラテクノロジー株式会社

ソノーラの振動防止技術

[無響室への振動防止策例]

無響室内は、非常に静かな空間であり、より低周波音域で音響測定が出来る程、高い性能を持つ無響室です。無響室を設置した周囲に振動発生源(ポンプや工作機械、人間の歩行振動、作業車走行音)がある場合、振動を伴った低周波音(送風機、工作機械、その他環境騒音)が発生する環境では、無響室の性能に悪影響を及ぼさない様に、振動防止が必要です。無響室に関連する振動防止には、主に“除振”と“制振”の2種類の方法があります。

[除振技術] 無響室設置面への除振体の設置

 ソノーラでは、各無響室の除振設計を行っています。対象周波数から除振体の設置個数と選定をし、外部振動が無響室に影響を及ぼさない様にシミュレーションします。シミュレーションには、振動解析ソフトを使用します。

[制振技術] 無響室壁天井パネルへの制振層設置、制振構造設計

 ソノーラの遮音パネル“ソラメタ”には、制振層と制振構造を組み込んでいます。制振層は、制振材の摩擦損失(摩擦ダンパー)等により、振動エネルギーを熱エネルギーに変換し、振動を減衰します。制振構造には、スティフナー(補剛材)やインナーボルト(トルクによる剛性調整)を設計します。

・振動解析ソフト : 3D-CAEシステム Solid Works Simulation Premium 2011(DSS社)
・振動計:VM-53(リオン)等