防音室・無響室メーカー : ソノーラテクノロジー株式会社

ダクトサイレンサー

 

サイレンサーは「消音器」ともいわれ、自動車の排気マフラーと同様の原理で、サイレンサー内を通気する過程で、吸音材や様々な原理形状で音の通過を減衰する装置です。

また、サイレンサーは大きく、アクティブ型、パッシブ型に分類されます。アクティブ型はデジタル信号処理によりサイレンサー内の騒音を逆位相音によりコントロールするというものですが、非常に高い導入コストが掛かります。大抵の場合、パッシブ型で殆どの要求対応は可能です。

 

◆ダクトサイレンサーの設計
ダクトサイレンサーは、ストレート形、エルボ形、スプリッタ形、セル形の形状が一般的です。設計上、設置するファンやエアコンの仕様、距離、エルボ数、開口部サイズ、振動、ダクト材遮音量、熱損失、風速、風量、共鳴音、吸音面積と厚さ、表面処理、メンテナンス性など、付加要因による影響が大きく、また、ファンやエアコンメーカーの提示騒音レベルも、測定時の使用条件が異なれば、参考程度にしかなりません。解析ソフトによる設計や、実績値による設計が必要です。

 

◆当社サイレンサーの特長
一般的なサイレンサーとは異なり、完全なオリジナルの形状により、防音カバーから無響室まで、高い減衰量を確保したサイレンサーを多数納入しました。屋内外問わず、設置が可能です。

 

◆ダクトサイレンサー設置のポイント
No.1 必要な減衰量に合わせて設計する。
No.2 ダクト内圧損、風量、風速、熱損失等を考慮して設計する。
No.3 低周波音は減衰し難い。