ソノーラテクノロノジー(株) 遮音量とは?

遮音量について


遮音量とは?
 遮音量とは音圧レベル・騒音レベルの減衰量のことです。遮音量は、防音室などの設備を設置した際の、実際のレベルと設備性能を確証するために必要です。単位はdB(デシベル)で表現され、A特性・C特性どちらでも適用されます。

<例> 工場内に防音室を設置した場合…
 (A)外部騒音レベル − (B)遮音量 = (C)防音室の内部騒音レベル

Hz

OA 63 125 250 500 1K 2K 4K 8K
A 100.5 51.9 78.7 84.8 88.5 94.1 95.7 95.6 81.3
B (47.4) 25.6 31.4 45.3 45.9 47.5 47.8 53.2 54.1
C 53.1 26.3 47.3 39.5 42.6 46.6 47.9 42.4 27.2

遮音測定
 
遮音量の測定には、対象設備が暗騒音の影響を受けていない状態での測定(例:暗騒音レベルとのレベル差10dB以上確保)を行う必要があります。測定方法は、JISやISOにて規格されており、主に規格に準拠した実証試験をします。

性能判断のために
 防音室や、無響箱の設置するにあたっては、事前に、設置予定場所の騒音レベルデータ及び周波数分析値が必要です。(データは、当社で取得することが出来ます。)御不明な点は当社までお問い合わせ下さい。
 

前のページに戻る   「防音室・無響室 」ソノラテクノロジーTOPページ