技術情報

無響室におけるカットオフ周波数

2022/03/10

無響室の内壁には、吸音クサビという三角形状の吸音体が取り付けられています。

無響室は、言葉の通り「音が響か無い部屋」ですので、吸音クサビが張り巡らされた無響室では、大袈裟にいうと全く音が反射してきません。

何故、音が反射しないように設計されているのでしょうか?

それは、無響室内で測定するもの(被測定物)から発生する音が反射してしまっては、そのものから発生する音が正確に測定出来ないからです。

そのため、無響室内では音が帰ってこないようにしています。砂漠のように広大な場所では音を反射するものがありません。これに近いような空間を目指して設計するが無響室です。

ですが、音が帰ってこない=行きっぱなしで戻ってこない という空間は完全に再現は出来ません。いくら高性能の吸音クサビだとしても、特に「低周波域」の音は吸音しきれませんので、吸音クサビには一定の性能基準があります。「カットオフ周波数」と言われるものがその一つです。
カットオフ周波数は吸音クサビ単体の吸音性を示すという意味に近いため、無響室の性能基準の一つとしてよく使われます。

・・・ただ、筆者はこのカットオフ周波数という言葉はあまり使いたくありません。何故なら世間的にはカットオフ周波数が誤解された認識をされていたり、測定可能下限周波数と混合されてしまうからです。

また、吸音クサビ単体の性能は、無響室自体とは実はあまり関係がないとも言えます。

例えば、

カットオフ周波数200Hzの吸音クサビは厚さ425ミリ厚と設計しました。この吸音クサビを使えば、無響室内で200Hzは反射しません

いえ、違います。これは、無響室の大きさを考えていません。無響室は大きければ大きいほど吸音がしやすくなりますし、反対に、小さければ小さいほど吸音はしにくく、また測定可能下限周波数の検証もし辛くなります。

吸音クサビ単体で無響室を考えてはいけません。
無響室の設計は、無響室全体で考える必要があります。

ですので、カットオフ周波数が〇〇という理屈だけで無響室の性能が決まるわけではないのです。

CONTACT 電話でのお問い合わせ

0120-639-018

受付時間 / 9時~17時

メールでのお問い合わせ

    SHOW ROOMソノーラ・ショールームのご案内

    無響室・防音室メーカーであるソノーラテクノロジーでは、東京、静岡、愛知、兵庫を拠点に、全国対応が可能です。音響測定・調査・診断~設計製造・施工・保証迄の自社一貫体制です。また御殿場市の「富士山テクニカルセンター」には無響室・防音室のショールームがあります。実際に測定器を使用した状態で、当社製品の高い性能を確認いただきながら、独特の無響空間を体感することができます。またショールームの他に、当社紹介の映像、工場の見学も合わせて実施しております。国内にて無響室を無料開放している機関はほとんどありません。製品の購入を検討されている方、当社へ興味をお持ちの方、 一般の方、メディアの方など業務外での御利用も可能です。是非お越し下さい。

    〒412-0046 静岡県御殿場市保土沢1157-332  東名高速道路 御殿場ICより約15分
    TEL 03-6805-8988 / eFAX 03-6740-7875(全支店共通)

    ショールームについて詳しく見る

    • After service アフターサービス

      全製品1年間の保障付き。当社設計製造施工上の不備に起因する不具合はすぐに対処します。また、移設や改造、メンテナンス等も御相談下さい。

    • FAQ よくあるご質問

      ソノーラテクノロジーの製品やサービスについて、お客様からよくいただくお問い合わせとそのご回答を掲載しています。分からないことはいつでもお問い合わせください。

    CONTACTお問い合わせ・パンフレット請求

    ソノーラテクノロジーの商品に関するお問い合わせやご相談は お問い合わせボタンよりお気軽にご連絡ください。 資料を郵送でご希望の方はパンフレット請求ボタンよりご連絡ください。

    お問い合わせ