技術情報

遮音(透過損失)とは

2018/06/09

ソノーラテクノロジーの無響箱

透過損失 TL

空気中を伝搬する音を壁材などで遮断し、反対側への音エネルギーの透過を防ぐことを遮音(透過損失)と言います。

壁材に対して入射する音(入射音エネルギー)が壁材を透過することにより透過音エネルギーとなり、透過せずに跳ね返った音を反射音エネルギーと呼び、これらが反響による騒音や透過騒音、欠損の要因になります。

透過損失は、<英>Transmission lossと言い、遮音量を計算する場合等、TL記号を使用します。また、遮断する構造物を一般的には、遮音材と呼び、遮音パネル・コンクリート壁・鉄板・ボード類などが当てはまります。

※ホンについて・・・現在はデシベル(dB)単位で国際的にも統一
※「騒音規制法」「労働安全衛生規則」「騒音性難聴の予防のための許容基準」など、当社にお問い合わせ下さい 。

ソノーラテクノロジーの無響箱

質量則 Mass low

透過損失を大きくする場合は、遮音材の密度を高め、厚くする必要があります。単純に、重くて厚い遮音材ほど、遮音効果があると言えます。

遮音効果を効率良く得るためには、質量則+アルファが重要なポイントとなります。
質量則は次式で計算され、透過損失を推測する際に用います。

TL = 18 log(f・M)-44
Transmission-loss Frequency Mass/sqm

透過損失は、面密度だけでなく周波数にも影響され、周波数が高い(高周波音)ほど透過損失が大きくなります。 遮音を考える場合、質量則は大前提であり基本です。

遮音材が重く、厚いほど遮音効果が得られる

  • 質量則以上の遮音効果を得ることは簡単なことではない
  • 軽くて遮音効果のある材料は存在しない
  • 遮音と防音・吸音・振動という言葉は意味の違った言葉である
  • 遮音量を保証する場合は、安全率を設定する
  • 高周波音は遮音が容易で、施工費が安価である
  • 低周波音の遮音は難しく、施工費が高価である
  • 音源の周波数分析の特徴から効果目標に見合った材料の選定を行う

CONTACT 電話でのお問い合わせ

0120-639-018

受付時間 / 9時~17時

メールでのお問い合わせ

    SHOW ROOMソノーラ・ショールームのご案内

    無響室・防音室メーカーであるソノーラテクノロジーでは、東京、静岡、愛知、兵庫を拠点に、全国対応が可能です。音響測定・調査・診断~設計製造・施工・保証迄の自社一貫体制です。また御殿場市の「富士山テクニカルセンター」には無響室・防音室のショールームがあります。実際に測定器を使用した状態で、当社製品の高い性能を確認いただきながら、独特の無響空間を体感することができます。またショールームの他に、当社紹介の映像、工場の見学も合わせて実施しております。国内にて無響室を無料開放している機関はほとんどありません。製品の購入を検討されている方、当社へ興味をお持ちの方、 一般の方、メディアの方など業務外での御利用も可能です。是非お越し下さい。

    〒412-0046 静岡県御殿場市保土沢1157-332  東名高速道路 御殿場ICより約15分
    TEL 03-6805-8988 / eFAX 03-6740-7875(全支店共通)

    ショールームについて詳しく見る

    • After service アフターサービス

      全製品1年間の保障付き。当社設計製造施工上の不備に起因する不具合はすぐに対処します。また、移設や改造、メンテナンス等も御相談下さい。

    • FAQ よくあるご質問

      ソノーラテクノロジーの製品やサービスについて、お客様からよくいただくお問い合わせとそのご回答を掲載しています。分からないことはいつでもお問い合わせください。

    CONTACTお問い合わせ・パンフレット請求

    ソノーラテクノロジーの商品に関するお問い合わせやご相談は お問い合わせボタンよりお気軽にご連絡ください。 資料を郵送でご希望の方はパンフレット請求ボタンよりご連絡ください。

    お問い合わせ